買主だけの特権

それにしてもこの、リビン株式会社の仲介手数料がタダの話・・・これだけ聞くとものすごく嘘くさいように聞こえてしまうもの。最初にもお伝えした通り、売上返上で行われているわけですから不動産業界ではあまり例を見ないことですから、驚くのも無理はないことでしょう。でも、どうしてこのようなことをしてくれるのでしょうか?

まず、この仲介手数料がタダという話は売買を行う取引での対応でタダの対象になるのは買主。不動産を取得する側の負担を考慮してくれてこのようなサービスを実施してくれています。買い手としては色々と費用がかかるところだから、あるはずの負担分がないということは非常に有り難いことですよね。

では実際にリビン株式会社はどこで収益を取っているのかというと、売り手が支払う仲介手数料、こちらは法定で決められた通りの算出で計算されて、通常通り支払うことになっています。これがあるから買主側への負担をタダにしても問題がないというわけなのです。本来であれば、買主・売主の双方から受け取るはずの仲介手数料。それを一方だけにすることで、買い手が集まるような仕組みを独自に作り上げているようですよ。
なるほど・・・怪しいと思っていたけど、そういったからくりがあるなら納得・・・ですよね?だから安心して不動産の購入を進めることができます。

archive
category
  • カテゴリーなし